Home > 石西礁湖自然再生 > 石西礁湖自然再生協議会とは 全体構想

石西礁湖自然再生全体構想
‐島人の宝 豊かな海を守る‐ が策定されました。

 石西礁湖自然再生全体構想では、石西礁湖のサンゴ礁生態系を再生するために、石西礁湖の現状を整理した上で、自然再生の対象となる区域や目標、基本的考え方がまとめられています。

(1)石西礁湖自然再生の対象となる区域

 自然再生の対象となる区域と関連する区域(海域)及び自然再生に関連する区域(陸域)を以下のとおり定めています。

  1. 自然再生の対象となる区域
    • 重要な区域(石西礁湖):東西約30km、南北20kmで囲まれる礁湖内の海域(加屋真島、新城島、西表島東岸及び石垣島南東のサクラグチを含む海域)
    • 関連する区域(石垣島・西表島周辺海域):石垣島及び西表島周辺海域のうち、概ね50mの等深線に囲まれる範囲を基本とし、西表島や石垣島の周辺に発達した湾や裾礁などを含むように設定
  2. 自然再生に関連する活動を行う区域:(1)に囲まれる範囲の陸域

自然再生の対象となる区域

(2)石西礁湖自然再生の目標

 達成期間30年の長期目標を「人と自然の健全な関わりを実現し、1972年の国立公園指定当時の豊かなサンゴ礁の姿を取り戻す」とし、達成期間10年の短期目標を「サンゴ礁生態系の回復のきざしが見られるようにする、そのために環境負荷を積極的に軽減する」としています。
 


長期目標である1970年代のサンゴの状況(写真提供:井田 齊 氏)

(3)石西礁湖自然再生の基本的考え方

 統合的アプローチや自然の再生力の利用などの自然再生の原則とともに、展開すべき取組を以下の6つの分野に分けて記載しています。

  1. 攪乱要因の除去
  2. 良好な環境創成
  3. 持続可能な利用
  4. 意識の向上・広報啓発
  5. 調査研究・モニタリング
  6. 活動の継続

(4)石西礁湖自然再生協議会委員とその役割分担

 (3)でとりまとめた展開すべき取組について、協議会に参加している各委員の役割分担をまとめています。

資料

概要版(下記資料の概略版)

表紙

はじめに

目次
第1章 石西礁湖自然再生の取組に至る背景と経緯
第2章 石西礁湖自然再生の対象となる区域
第3章 石西礁湖自然再生の目標
第4章 石西礁湖自然再生の基本的考え方
第5章 石西礁湖自然再生協議会委員とその役割分担
資料1 石西礁湖自然再生協議会規約
資料2 石西礁湖自然再生協議会運営細則
資料3 石西礁湖自然再生協議会委員名簿
参考資料1 石西礁湖自然再生事業に向けた取組の流れの詳細
参考資料2 各委員の役割分担の詳細

裏表紙


Home > 石西礁湖自然再生 > 石西礁湖自然再生協議会とは 全体構想


潮位予測 石垣(気象庁発表)
潮位表 石垣(気象庁サイト)
検索
Google
お問い合わせ先
那覇自然環境事務所
石垣自然保護官事務所
石垣市八島町2-27
TEL 0980-82-4768
FAX 0980-82-0279

先頭に戻る