Home > 資料室 > 報告書 サンゴ礁修復に関する技術手法 - 現状と課題 -

サンゴ礁修復に関する技術手法 - 現状と課題 -

報告書名 サンゴ礁修復に関する技術手法 - 現状と課題 -
年月 平成15年11月
作成元 環境省自然環境局、大森信編著
目的  本書は、今後荒廃したサンゴ礁において移植等によるサンゴ礁修復の幼生が高まることを想定し、各地でサンゴ礁修復の事業が行われる際にさんこうとなるよう、それぞれの研究と事業で主要な役割を果たした方々に成果と既往の知見をとりまとめてもらい作成したものである。
項目
  1. 有性生殖を利用したサンゴ礁修復(種苗生産、幼生着生誘導)
  2. 無性生殖を利用したサンゴ礁修復(分割群体の移植、稚サンゴ移植)
  3. 全群体の移植及びサンゴ群集の移築
  4. サンゴ礁修復への海中技術の展開及び修復の事例
  5. 種苗と移植群体および移築サンゴ群集の管理
結果
  • サンゴ礁修復技術の比較

  • ※海底固着後の管理労力は共通なので省略

  • 今後の研究課題
    • 今後のサンゴ礁修復技術は、幼生を扱うことが主流となると予想されるが、浮遊幼生の挙動予測については海洋学的情報が不足している。
    • 移植や放流に当たっての適地選択のため、サンゴ礁域での水の流れなどのミクロあるいは中規模な物理学的要因についての調査研究が必要である。
    • 修復事業に当たり、個体群への遺伝的攪乱と群集の遺伝的多様性の低下を抑制するため、分子生物学的技術を用いて現場のサンゴ群集の移転した幼生の大きさをあらかじめ推定し、室内産卵による種苗生産や現場からの分割群体の移植の参考にする必要がある。

※「Manual for restoration and remediation of coral reefs」は、上記書物の英語版である。

報告書

サンゴ礁修復に関する技術手法 (2,035 KB)
Manual for restoration and remediation of coral reefs (1,831 KB)

Home > 資料室 > 報告書 サンゴ礁修復に関する技術手法 - 現状と課題 -


潮位予測 石垣(気象庁発表)
潮位表 石垣(気象庁サイト)
検索
Google
お問い合わせ先
那覇自然環境事務所
石垣自然保護官事務所
石垣市八島町2-27
TEL 0980-82-4768
FAX 0980-82-0279

先頭に戻る