Home > 石西礁湖Q&A 石西礁湖自然再生調査

石西礁湖自然再生調査

平成17年度石西礁湖自然再生施設サンゴ群集修復工事監理業務

石西礁湖では、サンゴ礁を守る取り組みや活動がはじまっています。サンゴ礁を中心とする生態系としては国内で初めて石西礁湖が自然再生事業実施予定地に選定されました。石西礁湖の自然再生では、すばらしいサンゴ礁を次の世代へ引き継ぐために、次のような取り組みの実施を検討しています。

  1. 保全管理の強化
  2. 持続可能な利用
  3. サンゴ群集の修復
  4. 普及啓発
  5. 調査研究

自然再生を推進するために実施したさまざまな調査について、最新の結果をご紹介しましょう。


Q1.サンゴ礁の健康状態はどうなっているのですか?

サンゴは順調に成長していくと、1年に数ミリ?数センチの速さで大きくなります。一定の面積の中に生きたサンゴがどのくらいの面積を覆(おお)っているかを調べることは、サンゴ礁の健康度の一つ目安となります。
 石西礁湖では1983年から毎年同じ場所でサンゴの被度(ひど)(一定面積の中に生きたサンゴが覆っている割合)などを観測しています。サンゴ被度の調査地点は石西礁湖内で現在120ヶ所程あります。毎年同じ地点で観測しているので、調査結果を比べてみるとサンゴの健康状態の変化をある程度捉えることができました。
 下のグラフは、これまでに石西礁湖全体でサンゴ被度がどのように変わってきたかをグラフに示したものです。
 1983年にオニヒトデが大発生しサンゴが大量に食べられて減少した様子や、1989年や1998年に海水温が高くなりサンゴの白化現象が発生して大量にサンゴが死滅した様子が被度の減少に現れています。


1983年から2004年までの石西礁湖での全調査地点の平均生存サンゴ被度の変化

Q2.石西礁湖内の潮の流れはどうなっているのですか?

サンゴの卵やサンゴを食害するオニヒトデの卵、河川等から流れ出た赤土等は潮によって運ばれ移動します。これらがどこに流れ着くのかを予測することは、サンゴの再生する力、オニヒトデの大発生、赤土汚染などを考える上で重要な情報になっています。
 潮の動きは、潮の満ち引き、海底の地形、海上を吹く風の方向や強さ、八重山諸島の北側を流れる黒潮海流、海水の温度差などさまざまな要素によって決まり、とても複雑です。
 下の図は、2002年の秋と2003年の春に同じ調査地点で風や海水の流れを観測した結果です。地図中の青い矢印は平均的な海水の流れの方向と強さを示し、枠内の赤い矢印は平均的な風向と風速を示しています。


海水流動の実測結果 平均流速ベクトル(2002年 秋期)

海水流動の実測結果 平均流速ベクトル(2003年 春期)

このように潮の動きなどを調べた結果は、今後のサンゴ礁の自然再生に向けて、特に保全すべき場所や、修復すべき場所を決める上で重要な資料となっています。


赤土などは一体どこに流れ着くのですか?

赤土汚染の問題になっている河川からの赤土の流入と拡散に関するシミュレーションでは、一定の地点から流れ出した物質がどこに流れていくのかを予測するこ とができます。例えば、石垣島の宮良川から流れ出た赤土は、約1日で石西礁湖の南岸に達し、その一部は礁湖内にも流入することが推測されました。


石垣島の宮良川からの粒子拡散シミュレーション(左が放流地点、右が19時間後の拡散状態)

サンゴやオニヒトデの卵や幼生は一体どこに流れ着くのですか?

サンゴの幼生がどこへ輸送されるかをシミュレーションすることにより、産卵されたサンゴ卵が最も定着率が高いとされる4日後にどこに流れ着くかを予測してみました。その結果、石西礁湖東部(図中の黄色い点)で放出されたサンゴ卵が北部に流れ着き、その一部は石西礁湖外にも放出されることや、中央部や西部で放出したサンゴ卵(赤色と黒色の点)の多くが礁湖内に留まることが推測されました。


高サンゴ被度海域からの実験粒子の輸送パターン
※左が投入地点、右が4日後の拡散状況をコンピュータ解析により予測した状態

Q3.サンゴの白化について教えてください

サンゴから褐虫藻(かっちゅうそう)が抜け出てサンゴが白っぽく変化することをサンゴの白化(はっか)現象と言います。
 白化の主な原因は、高水温、低水温、強い紫外線の照りつけ、塩分濃度の低下、バクテリアによる感染等のサンゴに対する様々なストレスが引き金になって発生すると言われています。
 石西礁湖では、1998年以降、2001年、2003年と広い範囲で白化現象が確認されましたが、2004年度に実施した調査では、目立った白化現象は認められませんでした。
 その理由として、2004年には多数の台風が八重山諸島近海を通過したため、海水がかき混ぜられたことにより高水温になりにくかったことが考えられています。


2003年の夏季に起こった白化の様子 (死滅、完全白化群体の全体に対する割合)

 石西礁湖内の海水の流れや、海水温が決まる諸原因をコンピュータ上で解析することによって、礁湖内の水温分布の状況を予測してみました。その結果、夏季にヨナラ水道を通じてリーフ外の加熱された海水が流入することや、小浜島東や西表島東岸などでは高水温になりやすく、「潮通しの悪い」海域であることがわかりました。
 これらの結果から、潜在的に白化の危険性が高い海域をある程度予測し絞り込むことができました。


水温と水平流速の空間分布(7月)

石西礁湖の高水温予測図(高温域)

Q4.オニヒトデは大発生しているのですか?

オニヒトデは、直接サンゴを食べて破壊する生物として、その大発生が懸念されています。
 2004年の調査の結果、オニヒトデの分布は、前年と同様の海域で1.5倍に増え、石西礁湖全域にわたって広がってきていることがわかりました。また、竹富島南、マルグー周辺、カナラグチ周辺、テンマカケジュ周辺、ユイサーグチ周辺、旧新里航路周辺、スーハヤーグチ周辺、名蔵湾内(下図で赤色で示した海域)では、特に多くのオニヒトデが見つかりました。



Q5.産まれたサンゴの幼生は、どこにたくさん定着するのですか?

石西礁湖内で産卵されたサンゴがどの程度定着し、成長しているかを知ることは、サンゴの移植などにより修復すべき海域を検討するための情報として重要です。どこで新しいサンゴがたくさん成長するかを調べるために、定着板とよばれる陶製の板をサンゴ産卵の直前に海中に沈め、産卵後どのくらいの幼生が定着したかを調べました。
 その結果、石西礁湖ではサンゴ礁の端の部分(嘉弥真島北や竹富島北)や流れの強い水道部(ヨナラ水道)でサンゴの幼生がたくさん定着し、サンゴ礁に囲まれた内側の部分では、逆にサンゴの幼生が着きにくいことがわかりました。サンゴ幼生の輸送に関するシミュレーションから、石西礁湖の中央部や西部で放出された卵の多くは礁湖内に留まっていると考えられます。しかし、調査結果では幼生の定着している割合は低いことから、何らかの理由により礁湖内では幼生が定着しにくい状態にあると考えられます。


Q6.サンゴの幼生は元気に育っているのですか?

定着したサンゴ幼生が一定期間成長を続け、その地点に加わったことを加入と言います。
 この加入の量を調べることで、サンゴの幼生が元気に育っているかがわかります。定着した1年生稚サンゴがどの程度成長し、生き残るかを把握するために定着後一年程度たったと思われる稚サンゴの分布状況を調べた結果、石西礁湖の外縁部や水道部(図中で赤色の地点)で多いことがわかりました。


写真 1年生の稚サンゴ(ミドリイシの仲間)

Q7.石西礁湖ではたくさん魚が獲れるのですか?

石西礁湖では、追い込み網漁、カゴ網漁、小型定置網漁、刺し網漁、電灯潜り漁、採貝漁などさまざまな漁業が行われ、クチナギ(イソフエフキ)、ニザダイ類、ミーバイ(ハタ類)などが獲られており、漁業上もたいへん重要な海域といえます。
 八重山海域全体の漁獲量を見ると、1970年代から1980年代中頃にかけて急激に漁獲量が減少しました。これは主に沖合でのカツオ漁の衰退に伴い漁獲量が減少したもので、同時にサンゴ礁海域での漁獲量も徐々に減少してきているのが解ります。近年では、全体的に漁獲量が減ってきており、資源の減少が心配されています。



Q8.石西礁湖の観光利用について教えてください。

石西礁湖を含む八重山地域には、年間86万人もの観光客が訪れます(平成16年度)。
 石垣島から周辺離島を訪れ、竹富島のように伝統的な集落景観を楽しんだり、西表島のような豊かな自然を楽しむなど、八重山には観光としての魅力がたくさんあります。サンゴ礁の広がる石西礁湖には魅力あふれるスキューバダイビングのスポットがたくさんあります。世界のマリンリゾートが一堂に会する「マリンダイビングフェア」では、5年連続して「ベストリゾートエリア大賞」や「ベストダイビングエリア大賞」を受賞するほど石西礁湖は人気の観光エリアとなっています。
 石西礁湖では、ダイビングだけではなくグラスボトムボートによる遊覧やスノーケリングなど、海を利用したさまざまな観光やスポーツが盛んに行われ、サンゴ礁はたいへん貴重な観光資源といえます。


主なダイビングポイント

サンゴ群集の修復

石西礁湖自然再生の5つの方法にあるサンゴ群集の修復についてご紹介します。サンゴの回復力を手助けする形で、サンゴ群集の修復を行い、自然に近い修復を行うために、事前にしっかり調べるとともに、修復後もサンゴの変化を調べ、見直しを行いながら慎重に行います。


Q9.サンゴ礁の再生の方法を教えてください。

これまで試みられてきたサンゴ再生の方法では、サンゴ群体の一部を採取し別の基盤に張り付ける方法が一般的でしたが、現在では採取元となるサンゴへの影響を考慮し、有性生殖後の卵を基盤に定着させるさまざまな手法が研究されています。
 本調査ではサンゴ着床具を用いた試験など、具体的な再生修復にむけての調査を実施しました。着床具をサンゴの一斉産卵の際に海中に設置し、サンゴの幼生を定着させ、小さなサンゴになるまで育てます。
 着床具は、幼生が定着し易い凸凹状のコマ型をしており、幼生が定着した着床具はそのまま移植する苗として自然の岩盤に固定します。
 現在は、実際に海中で、サンゴの幼生がどの程度定着するかを調べています。


サンゴの幼生着床具

海中に設置された着床具

岩盤に移植された着床具上で成長したサンゴ群体

なお、石西礁湖自然再生調査報告書の詳しい内容は、PDFでご覧になれます。

問い合わせは、以下まで
環境省自然環境局 国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
〒907-0011 沖縄県石垣市八島町2-27
TEL. 0980-82-4902 / Fax. 0980-82-0279

Home > 石西礁湖Q&A 石西礁湖自然再生調査


潮位予測 石垣(気象庁発表)
検索
Google
お問い合わせ先
那覇自然環境事務所
石垣自然保護官事務所
石垣市八島町2-27
TEL 0980-82-4768
FAX 0980-82-0279

先頭に戻る